本文をご覧になるにはタイトルをクリックして下さい
カテゴリ : 
日々の出来事
2022/6/25 19:48

本格的に梅雨になってきました。
外気温と室内の温度差、湿気などの不快指数がたかく
心身ともに不調に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

 

梅雨に起きるおもな症状

●体が重く、だるさを感じる ●どうにもやる気が出ない
●なぜか憂うつな気分になる ●イライラしてしまう
●集中力が続かない     ●肩こりや頭痛がひどい
●朝起きれなくなる ●食欲がわかない  ●疲れがいつまでも残る




ここでクイズです!!
梅雨、頭痛、肩こり、イライラ、だるい
こんな症状を伝えるには英語で何と言ったらよいのでしょうか?












答えはこちら↓↓
 
梅雨=rainy season
頭痛=headache 肩こり= stiff shoulder
イライラ=irritated
だるい=feel heavy

 


そんな“梅雨だる”におすすめの対策法をいくつかご紹介します!


◎朝日を浴びる
⇒体内時計をリセットし、自律神経を整えます。
  朝熱めのシャワーを浴びたり、冷水で顔を洗ったりして
交感神経のスイッチをいれると◎
 
◎ウォーキング、ジョギングなどの運動で汗をかく
⇒汗をかくことで身体に熱がこもらず高温多湿による不快感が軽減されます。
 もちろん熱中症対策のため水分補給は忘れずに♪
 

◎体を温める。お風呂はぬるま湯にゆっくりつかるとGood!
⇒暑いとついつい冷たいものが欲しくなってしまいますよね。
 外は暑いのに室内はクーラーがよくきいて寒いことも。
 冷えすぎが不調の原因かもしれません。上着をはおる、暖かいものを飲むなど
 内臓を冷やしすぎないようにしましょう。
 


ハースサイドでは梅雨のだるさを吹き飛ばすような楽しいレッスンを行っています☆
動画はインスタグラムでcheck! 是非遊びにきてくださいね!
 
See you!!

カテゴリ : 
日々の出来事
2022/6/18 20:50

だんだん暑くなってきましたね。
熱中症と夏バテに気を付けながらスタッフ一同頑張っております!
 
さて今回は言語習得のコツのひとつをご紹介したいと思います。


ズバリ・・・・・・・・




リスニングとリーディングの強化です!

20か国語話せることで話題のYoutuber  Staveさんもストーリーを聞く、読むことで
語彙、文法を楽しみながらまなぶことができ、あらゆる言語を習得したそうです。

20か国語!?それは効果的な方法なんでしょうね


 



ハースサイドのスーパーキッズコースではもちろん絵本をとりいれています。
初級から中級、上級までレベルに合った絵本があり、音声をききながら読むことで
文法、語彙、読解力など総合的な力が養われます。
一例はこちら↓↓





生徒たちが絵本を読んでいる姿はハースサイドのインスタグラムに動画が
ありますので是非みてくださいね!!
 
See you!!
 

カテゴリ : 
日々の出来事
2022/6/12 21:50

最後になりましたが、
私たち大人のSTEAM教育教育への指導法
考えてみましょう。
STEAM教育を推進するためには、
その学びを提供する大人サイドの意識も
重要な要素となります。



多くのSTEAM実践者は、
全員が共通して「大人自身がワクワクすること」
と言われています。

つまり、子ども達がワクワクしてSTEAMに向かうためには、
先生方や親御さんが職業や知見としての
専門家、研究者、科学者である必要はなく
各々の言葉の定義を大きく緩やかにし、
誰しもが“気持ち”としてアーティスト、
研究者、科学者、ひいては発明家であるとして
ワクワクすることが大切なのです。


指導テクニックとしては
STEAMのような知を創り出す学びの中においては、
オープン・クエスチョン、すなわち二者択一の答えがない問いかけが
大変重要な役割を果たします。


良いオープン・クエスチョンは子ども達による
STEAMの学び(体験)を促し、時に新しい意味を与え
間違いなく創造力を育みます。




 

カテゴリ : 
日々の出来事
2022/6/11 21:51



日本には誇るべき「ものづくり」や「おもてなし」の
文化があり、それらを実現する技術力と創造力を
掛け合わせた国であると海外では大いにプラスの評価

されています。

個人的な見解ではありますが、この日本文化が
いわゆる団体行動、規律、協調性を重要とする
ので、個々の考えを発信したり創造力をアピールする機会を
海外のよう経験する頻度が低いのではないかと思います。

当校の生徒たちも、発表となると「いやだー」という声が
以前は多かったのですが、数多く経験させることで今では、
積極的に手をあげる生徒が増えてきました。



しかしながら、まだまだ教育現場において、
従来から行われてきた理数教育ではカバーできない
創造性教育をプラスしたSTEAM教育への需要が急務ですね。


次回は、具体的な大人のSTEAM教育法をご紹介しますね。

SEE YOU SOON!


 

カテゴリ : 
日々の出来事
2022/6/10 14:20

STEAM教育ってなに?

STEAM教育はご存知の方もいらっしゃると思います。
随分と世の中にも浸透してきましたが、
では、具体的に何を?どのように?と言われると
何となく難しく感じているのではないでしょうか。

今回は、私たち大人のSTEAM教育への理解が
未来の子供たちに大きな関りがあることについて
お話いたします。

STEAMは
Science(科学)、 Technology(技術)、
Engineering(工学)、Mathematics(数学)を
統合的に学習する「STEM教育」に
Art芸術)を加える未来型の教育法です。


「STEM教育なら知っている!」という皆さんも
 STEAMにおける「A」の追加は、非常に重要なポイントです。






「子ども達一人ひとりのワクワクを高めていく」
「ワクワクドキドキする好奇心を起点にした学び」が

 STEAM教育の原点であり最重要テーマは「創造性」です。
  現在の日本のSTEAM教育は、

  STEMは世界的にはリーダーですが、Aは世界から遅れていると
  言われています。
  
  このように、我が国にはイノベーションを起こす基礎となる
  ビジョンを描く力」、「クリエイティブ力」の育成が不可欠な状況と
  言われています。

  STEAM教育への取り組みは国としても未来のために
  非常に重要ですね。
  次回は具体的な子供達への対応についてご紹介します。

  See you soon!





 
 
 




カテゴリ : 
お知らせ
2022/5/28 20:30




直前対策part②は、リスニングパートです。
5、4,3級(1部のぞく)は 音声が2回繰り返されますので、
イラストを確認したり2部3部 選択肢を確認する時間はありますので、
リスニングが原因で点が取れないと
困っている方は比較的少ないかと思います。


今回は、準2級以上のレベルついての対応です。
 
 
選択肢を選ぶ時間は10秒間しかありませんので、
選択肢を「先に確認する」!ことが重要です。
「先読みに当てられる時間なんてないよ。」と思うかもしれませんが、
英検準2級以上のリスニングは対話・英文、質問ともに一度しか読まれないため、
緊張のあまりわからなかったとか、聞き逃したという声をよく聞きますので、
「先に読んでおく」ことをおすすめします。


具体的な先読みの方法は、丁寧に確認するのではなく
キーワードになると考えられるもの(動詞・名詞など)に
マークをつけておくことをお勧めします。

また、選択肢をプラス・マイナスで分けておくのも手です。 
例えば、
 
1 He forgot to clean his room.
2  The wether was not good.
3.  They will be the season champions.
3はマイナス、1と2はプラスのように、
 質問事項から判断できることもありますので、
 全て選択肢に書き込んでおき、一瞬で解答できる準備をしておきましょう。
  自分がわかる範囲で問題用紙に書きましょう。
 
 結果として、リスニング苦手な方は、上記の準備のために
 リーディングの時間を5分~10分程度はをリスニング準備に必要となりますので、
 リーディングの時間調整をしてくださいね。
 では、残り約1週間ですが、あきらめずに頑張りましょう!
 
  Good Luck!

 
 


カテゴリ : 
お知らせ
2022/5/28 20:20






今年も第一回英検が近くなりました。
しっかりと計画を立て学習した方もまだ、忙しすぎてこれからのあなたも!
今からでも間に合う直前対策の学習法をお伝えします。


今回はリーディングとライティングパートです。

①   自分のペース配分を確認⇒各問題に何分かかっているのか?
 これは、模擬テストを実施して自分がどのパートに時間が
 どれくらいかかってるかです。
②   次に得意分野不得意分野を把握したら、
  各問題に何分かけられるのか配分計画しましょう。
  この点に留意してあなたなりの時間配分を調整してください。

  時間が足りなかった方の特徴として
  大問1でかなり時間をかけているようです
  最初だから丁寧に解きたい気持ちは皆さん同じですが、
  ここは、語彙が中心ですので、知らない語彙はいくら考えても
  正解率は低くなりますので、わからないところは一応選択して
  長文問題に時間を配分してください。
 
  自信のない問題やよくわからない問題では
  とりあえずひとつ答えを選び、問題に印をつけておいて
  時間があれば戻ってくると良いでしょう。
 
  3級以上のリーディングパートとライティングパートは、
  同じ時間区分の中で解くことになるので、
  ライティングパートを1番初めに取り掛かる方法もあります。
  だからと言って、半分以上の時間開けるわけにはいきません。

 例えば、準1級なら25分、2級なら最大20分、
 準2級なら15分、3級ならば10分とある程度必然的に決まってきますので、
 めやす時間を守って成功につなげましょう。

 リーディングのスピードを上げるポイントは、
 目を早く動かすことです。必然的に理解する脳が
 そのスピードについてきてくれるようになります。
 ただ、これは一日してならずですが、イメージだけでも
 常に持つようにすると変化してくるでしょう。
 
 まだ1週間以上あるので、何度も過去問題を解きながら、時間配分
 そして間違った内容の見直しをしっかりとすることが、
  当日の得点に繋がります!

  Good Luck!

  
 

カテゴリ : 
Kids校より
2022/5/13 14:01






「フォニックス学習の重要性を知っていますか?」
答えは、
お子様の英語教育をスタートするにあたり、フォニックスを
学ぶことは非常に重要です!


今回は、英語 イコール 英会話、文法学習と思われている皆様に知っていただきたい
フォニックス学習の重要性をご紹介します。

フォニックス学習をしているか否かでその後の英語学習に非常に差が出てきます。
では、どうしてでしょうか?

理由①
4技能をバランスよく身に付けられるようになる
英会話のみの学習にある
「英語は聞けるけど読めない、書けない」を防ぎます


理由②
英語学習に非常に効果的な多読が出来るようになります。

多読の効果というのは、本当に素晴らしく当校の生徒さんで実証済みです。



ある一定の時期にフォニックス学習を取り入れる
ことによりその後の英語学習のサポートツールとしても
英語学習上の大きな武器になります。



※フォニックスの体験学習を実施中です。
  是非、体験してみてください!



 Thank you for your reading !See you soon!


カテゴリ : 
日々の出来事
2022/4/30 18:45



Hello Everyone,
ゴールデンウィーク真っ只中ですが、
いかがお過ごしでしょうか。
家でお過ごしの方は、親子で絵本を読む時間を
作ってみてはいかがでしょうか。
英語の絵本なんて・・・と思わずに、
本日は絵本がなくても絵本の世界に触れられる
You tubeの読み聞かせです。






Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear? - YouTube
 

同じフレーズの繰り返しでリズムよく読める人気の絵本
日本でも多くの親子に愛されているエリックカール(Eric Carle)の絵本は、
絵を見るだけでも楽しめます。様々な動物の名前と色の組み合わせを繰り返すので、
色+動物名が自然に口から出てきます。
You Tube  で観てくださいねyes





From Head to Toe Read Along - YouTube
 
子どもたちが大好きな動物たちが、体の一部を動かして、男の子に
「君もできる?」と繰り返しきています。さあ、マネしてみましょう!
このようにして子供たちは“リズムに乗って覚える”のです。
初めての英語絵本にもオススメの1冊です。おなじみのエリック・カールによる、
見開きいっぱいに大胆に描かれた、明るくカラフルで躍動感あふれるイラストが
興味を誘いますねyes
 












カテゴリ : 
日々の出来事
2022/4/30 16:20

Hello everyone.

News Letterを久しぶりに作成しましたので
ご案内いたします。

表面は、キッズの小学生・中学生・高校生の
英会話クラスで使用しているテキストに
オンラインでの練習ができる特典が
付属されています。
ぜひ、このお休みの期間にご登録ください。
(やりかたについては、インスタグラムで動画をアップしています)

また、裏面では当校の卒業生のインタビューや
4月から入社したDaniel(ダニエル)先生からの
メッセージも掲載しています。
そちらも合わせて、ご覧下さい。blush